「ナディスガーデン名東陸前Ⅱ」工事進捗状況

宅地造成工事(平成30年7月撮影)

全体の日当たり・通風に配慮して計画を立てております。

基礎配筋工事(平成30年8月撮影)

鉄筋コンクリートの骨となる鉄筋を組んでいき、底面となる格子状のベース配筋と立ち上がりの配筋で構成されています。また、JIO(株式会社日本住宅保証検査機構)による基礎配筋検査も行っております。JIOとは国土交通省によって指定されている第三者機関で、鉄筋の間隔や太さ等を厳しく検査します。

防湿シート施工、断熱施工、建物内部(平成30年9月撮影)
【断熱施工】
【防湿シート施工】
【断熱施工】
【建物内部】
構造体外部(平成30年11月撮影)

地震等、外部からの力を六面体で受けとめる耐震性の高いツーバイフォー工法。足場が外れ、敷地の広さや隣棟間隔がお分かり頂けます。

構造体内部(平成30年11月撮影)

室内の仕上材であるクロスを施工。リビング、主寝室にはアクセントクロスを使用しています。