ナディスガーデン瑞穂十六町 建築・構造のご紹介

ナディスガーデン瑞穂十六町の建築過程をご紹介いたします。下記画像は全て建築中のナディスガーデン瑞穂十六町を撮影したものです。

解体工事完了
南道路で陽当り良好の現地。南道路の日照・通風の良さを最大限活かしたプランニングを行っています。(2018年11月撮影)
造成工事完了
実際の建物の宅地高さに合わせて造成を行い。敷地を区分するブロックも施工が完了しています。(2019年4月撮影)
防湿フィルム施工
建物の床下である地盤からの湿気を防ぐ為にベタ基礎の底部に防湿フィルムを施工します。(2019年5月撮影)
ベタ基礎配筋
鉄筋コンクリートの骨となる鉄筋を組んでいきます。底面となる格子状のベース配筋と立ち上がり部分の縦筋で構成されます。(2019年5月撮影)
ベタ基礎
底部分全体が鉄筋コンクリートとなり基礎全体で建物の荷重を受けとめます。布基礎に比べて安定性が高い基礎形状となります。(2019年5月撮影)
構造体外部
2×4住宅は地震の力をバランスよく分散させる六面体構造(箱構造)です。地震の力を1点に集中させず、家全体にバランスよく分散させ、建物の変形や崩壊を防ぎます(2019年6月撮影)
構造体内部
2×4住宅の壁や床、屋根は2×4材(ツーバイフォー)や2×10(ツーバイテン)材等の木材を組んで「枠組」をつくり、その枠組に構造用面材を接合し、頑強な六面体構造を形成します。(2019年6月撮影)
基礎パッキン工法
従来の基礎を切り欠いた換気口ではなく、細かく隙間の空いたパッキンを基礎と土台との間に設置することにより全周換気を行います。換気効率が高く、基礎と土台を絶縁できるので建物の耐久性をより高めます。(2019年6月撮影)

品質管理・検査

JIOわが家の保険
日本住宅保証検査機構(JIO)の第三者検査を実施しています。基礎配筋検査・躯体検査・外装下地検査の3回の検査が行われます。新築住宅を購入される消費者を守る保険「JIOわが家の保険」に加入しています。詳しくは下記リンク先ホームページをご参照下さい。
地盤サポートシステム
公正な第三者による地盤調査と解析を実施。万が一保険期間中に事故が発生した場合には1事故あたり最高5,000万円までの建物現状回復・地盤修復費用等がお受け頂ける「地盤サポートシステム」を採用しています。※保険期間はお引渡し日から20年間になります。詳しくは下記リンク先ホームページをご参照下さい。
自社検査
品質確保の為、行政や第三者(日本住宅保証検査機構:JIO)の検査に加えて自社検査を実施しています。
画像は構造体検査となります。梁受け金物等の取付確認や、必要な柱・梁位置の確認を行っています。
JIOわが家の保険
地盤サポートシステム